【お勧め本】「十代の君たちへ-ぜひ読んでほしい憲法の本」

時期外れなのだけど、第二次世界大戦の話を聞くことが多かったのです。


被害国としての日本、

加害国としての日本、


どちらも学ぶことが大事ですね。




こんにちは☀

未来につなげる”いまココ”子育て「輝く瞳で生きるための勇気づけ講座」をお伝えするShiny Edu代表、村田あゆみです✨



改憲騒動もすっかり忘れ去られたかのように思えますが、

今年もまた8月はやって来ました。



去年の8月6日、

私は八ヶ岳でおこなわれていた勇気づけ学園の合宿にいました。


そこには、広島から小学生が参加していたんです。

彼女は事前に、一つのお願いを勇気づけ学園に送っていました。


それは、


「8月6日の朝、黙とうをさせてほしい」


ということ。




私も知らなかったけれど、

広島では毎年8月6日、15日は小学校から高校まですべての学校で登校日なのだそうです。


そして、8月6日は原爆投下時刻8時15分に合わせて、全員で黙とうをささげるのです。




広島では(他県でもあるかもしれませんね)、

戦争の記憶が今も受け継がれ、日常の生活に組み込まれている。




そのことはとても衝撃的なことでした。


そこには、教科書で学ぶのとはまるで違う、生きた歴史があり、生きた記憶がある。



そういう話を聞くにつけ、

9条の大切さ、

そして、日本国憲法の前文に込められた平和への願いを

安易に踏みにじってはならないと思うのです。


そして、子どもたちにもそのことを伝え続けなければならない。


今日、お勧めするのは、日野原重明先生の平和への本、

「十代のきみたちへ:-ぜひ読んでほしい憲法の本」です。


10代とあるけれど、小学生中学年くらいから感じることが出来る内容です。

低学年でも少しかみ砕けば伝わるでしょう。



憲法に言われていることはどんなことなのか。



それを知ることで、平和を守るために大切なことは何かを考えるきっかけになる。



そんな1冊です。



Shiny Edu ~未来につなげる”いまココ”子育て~輝く瞳で生きるための勇気づけ講座

未来を見つめれば子育てが楽しくなる! 学校じゃ教えてくれない未来につなげる”いまココ”子育てを、 自然育児と自由な学びを研究し続けている 元高校教師が伝えます。

0コメント

  • 1000 / 1000